Soul Mates♪    John Pedersen

Excite エキサイト : 社会ニュース
誤認逮捕男性、無罪論告へ ひき逃げ車発見で友人自供


ひき逃げ誤認逮捕、勾留10カ月 無実の訴え耳貸さず(asahi.com 2006年07月02日13時30分)

もし 無実を信じる友人がいなかったとしたら…

そう考えるだけでも 怖い
10ヶ月もの間 勾留されてしまった事実
無実の彼は どんなにか歯痒かったことだろう
それを考えると 警察・検事側に対して憎悪さえ感じてしまう

あってはならないことだったし
今後も こういうことは あってはいけないことだ






そういえば…
昔 学生時代に書いたあんなこと思い出した・・


はなから 「あの人が犯人かもしれない」という疑いの眼差し
真犯人かもしれないし そうではないかもしれない

ひとたび事件が起これば
あれよあれよとマスコミが飛びつく
関係のないことや まわりの家族 はたまた 古い過去まで洗い出し
それを 新聞やテレビに流す

それが 白くない事実だったりすると 視聴者や読者は
これみよがしに その人が犯人だと 思いこむ
目を覆いたくなるような事実や 耳をふさぎたくなるようなことを
連日報道して これではどうだ あれではどうだと 流し続ける

視聴者や読者は 総勢で捜査員や検事になったように
あの人は なんて人だと 決め付ける


マスコミが流す報道が いいとか悪いとか そういうことではなく
それに流されてしまうということも 問題のような気がする


一般市民がそういう風にしてしまいがちなこと
しかし 警察・検察は そうであってはいけないし そんなはずはないと思っていた
困ったときには 助けてくれるのが 警察だと思っていた

その警察が よく調べもせず勾留し
検察に上げ 検察もコレでよしとしたところが 腹立たしい

一般市民とは 違うはずだし
私は 自白だけで 起訴できるなんて 思ってもみなかった
それも 10ヶ月もの間・・


自分の身に ふりかからないことだとは 思えない
だからこそ 怖い

自分が何もしていなくても そんな風にされてしまうことがあるのだろうか?
あるんだろうな。。実際 このことがあったのだから。。
[PR]
by wings_of_seraphim | 2006-07-02 20:07 | blog

The moon fell brightly on the water♪


by wings_of_seraphim